BranCo! | 特別編 | 博報堂ブランド・イノベーションデザイン

エントリー
2019年3月5日(火)17:00より開始

エントリー キックオフオリエンテーションご応募

ABOUT概要

BranCo!特別編について

BranCo!特別編は、 “大学生のためのブランド・イノベーションデザインコンテスト”「BranCo!」の拡大企画です。
3名1組のチームを結成していただき、課題テーマを1つ選んだうえで、「Google アシスタント」を活用した新しいサービスのアイデアを考えていただきます。
いつものBranCo!の手法はもちろんですが、それに加えて、実際のサービス開発を見越したイノベーションのチカラをみなさまに問う、新しい形のBranCo!です。
また、コンテストの優秀アイデアについては、終了後に参加企業と一緒にサービス実用化を検討させていただきます。

参加メリット
審査基準

Google アシスタント とは

Google アシスタント は、あなたの知りたいこと、やりたいことをサポートするあなただけの Google です。
「OK Google」からはじめて、いろいろ話しかけてみましょう。
スマートフォンの他、Google Home やその他のスマートスピーカーなどでお使いいただけます。

通常のBranCo!についてはコチラ

テーマTHEME

Digital Wellbeing

デジタルで実現する、
人々の新しいしあわせ

今、私たちの環境は大きく変化し、暮らしの“ちょっとしたこと”はデジタルテクノロジーが済ましてくれることが当たり前になりつつあります。

あらゆることがデジタルで代替可能になる、これからの時代。
人々が、もっと日々を楽しむためには、どんなことはデジタルに担ってもらい、どんなことを自分たちで行っていくべきなのでしょうか。

例えば街を歩くとき、買い物するとき、食事をするとき。
ただ便利なだけじゃなく、日々をちょっとしあわせにしてくれる、そんなデジタルと私たちの関係を考えたい。

これからの時代に必要な「Digital Wellbeing(デジタルで実現する、人々の新しいしあわせ)」をあなたの日常をサポートするデジタルアシスタントである、Google アシスタント と一緒に考えてみてください。

素敵な明日を創る、柔軟な発想と斬新なアイデアをお待ちしています。

Google アシスタント
 

テーマTHEME

Digital Wellbeing

デジタルで実現する、
人々の新しいしあわせ

今、私たちの環境は大きく変化し、暮らしの“ちょっとしたこと”はデジタルテクノロジーが済ましてくれることが当たり前になりつつあります。

あらゆることがデジタルで代替可能になる、これからの時代。
人々が、もっと日々を楽しむためには、どんなことはデジタルに担ってもらい、どんなことを自分たちで行っていくべきなのでしょうか。

例えば街を歩くとき、買い物するとき、食事をするとき。
ただ便利なだけじゃなく、日々をちょっとしあわせにしてくれる、そんなデジタルと私たちの関係を考えたい。

これからの時代に必要な「Digital Wellbeing(デジタルで実現する、人々の新しいしあわせ)」をあなたの日常をサポートするデジタルアシスタントである、Google アシスタント と一緒に考えてみてください。

素敵な明日を創る、柔軟な発想と斬新なアイデアをお待ちしています。

Google アシスタント
閉じる

参加メリット

優勝賞品 優勝チームには、商品券20万円分と、副賞でオリジナル賞品を差し上げます。
準優勝チームには、商品券10万円分と、副賞でオリジナル賞品を差し上げます。
プレゼンテーション 書類選考はありません。
全エントリーチームに対して直接プレゼンテーションを行なっていただく機会をご用意します。
博報堂や参加企業との共創の場 一次予選突破チームには博報堂のメンターが並走するほか、出題企業と一緒になってアイデアの磨き上げを行なっていただきます。
サービス実用化の検討 Google アシスタント を使った新しいサービスを考え、さらに優秀アイデアについては、コンテスト終了後にサービス実用化を検討させていただきます。
閉じる

審査基準

INPUTの着眼点が優れているか テーマに沿った提案か CONCEPTの統合力が優れているか 実現可能性があるか OUTPUTのアイデアが優れているか 1. INPUT 多様な要素・情報を集める=拡散 定量調査 / 定性調査 / 情報収集 / ヒアリング / 分析 2. CONCEPT 情報と主観を統合する=収束 課題発見・克服 / 戦略構築 / コアアイデア / 基本方針 / ビジョン 3. OUTPUT アイデアを広げる=拡散 創造/ 表現 / 具体化 / 商品 / サービス / ネーミング / ロゴ /
広告 / 空間 / WEB INPUTの着眼点が優れているか テーマに沿った提案か CONCEPTの統合力が優れているか 実現可能性があるか OUTPUTのアイデアが優れているか 1. INPUT 多様な要素・情報を集める=拡散 定量調査 / 定性調査 / 情報収集 / ヒアリング / 分析 2. CONCEPT 情報と主観を統合する=収束 課題発見・克服 / 戦略構築 / コアアイデア / 基本方針 / ビジョン 3. OUTPUT アイデアを広げる=拡散 創造/ 表現 / 具体化 / 商品 / サービス / ネーミング / ロゴ /
広告 / 空間 / WEB
リボン思考
上の図はリボン思考と呼ばれ、リサーチやデザインなどさまざまな領域のプレイヤーの共通言語です。 リボン思考とは、図のような基本的な思考や発想作業の流れを示したものです。 左から「インプット」「コンセプト」「アウトプット」の3つのステップからなるシンプルな構造で成り立っています。